ガジェット モバイルバッテリー(ANKER)

こんにちは。

最近モバイルバッテリーの調子がよくないので買い換えようと思っています。僕の好きなAnkerのみで検討を行いました。

ざっと見てるだけではワケわかりません。

なので2017年9月現在で販売されている以下を比較してみました。

 

1. Anker PowerCore 10000

2. Anker PowerCore 20100

3. Anker PowerCore 13000

4. Anker PowerCore Speed 10000 QC

5. Anker PowerCore II Slim 10000

6. Anker PowerCore 26800

7. Anker PowerCore Slim 5000

8. Anker Astro E1

 

見つけただけでも上記のようにたくさんありました。

基本的にはPowerCoreという名称で、その後に特徴、数字で容量という順となっています。以下に特徴を記載しますが、特に小さいもの、軽いものを重視する僕は単位当たりという項目を作って重視しました。 

結構長いので、結果は終わりの方にまとめています。

 

1. Anker PowerCore 10000

  • サイズ: 92x60x22mm(121,440mm3)
  • 重量 : 180g
  • 単位当り

        55.5mAh / g

        82.3mAh / cm3

  • 入力 : 5V / 2A
  • 出力 : 5V / 2.4A
  • 急速充電技術 

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術)

最大2.4A

  • 安全性 

サージ保護機能

ショート防止機能

 

2. Anker PowerCore 20100

  • サイズ : 166 x 58 x 22mm(211,816mm3)
  • 重さ : 約353g 
  • 単位当たり

        56.6mAh / g

        94.4mAh / cm3

  • 入力 : 5V / 2A
  • 出力 : 5V / 4.8A
  • 急速充電技術 

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術)

業界トップの4.8A出力
業界トップの4.8A出力で、タブレット2台も同時に急速充電が可能です。

 

3. Anker PowerCore 13000

  • サイズ:97.5x 80 x 22mm(171,600mm3)
  • 重量:約255g 
  • 単位当り
    50.9mAh / g

    75.8mAh / cm3

  • 入力:5V / 2A
  • 出力:5V / 3A
  • 急速充電技術

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術) 

最大3Aのフルスピード充電を可能にします(各ポート毎に最大2.4A)。 2つのUSBポートを備え、2台同時充電も可能です。

 

4. Anker PowerCore Speed 10000 QC

  • サイズ : 92 × 60 × 22 mm(121,440mm3)
  • 重量 : 263g
  • 単位当り

        38.0mAh / g

        82.3mAh / cm3

  • 入力 : 5V / 2A
  • 出力 : 5~8V / 3A

                   8~10V / 2.4A

                   10~12V / 2A

  • 急速充電技術

Qualcom社充電規格Quick Charge 3.0

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術)

  • 独自の温度管理テクノロジー

PowerCore Speedは、高温を検知し自動的に熱を下げるAnker独自の温度管理テクノロジーを搭載。過度に発熱することはないとのこと。

  • 安全性 

サージプロテクター

ショート防止機能

温度管理

 

5. Anker PowerCore II Slim 10000

最薄

  • サイズ : 137 x 66 x 16mm(144,672mm3)
  • 重量 : 約210g
  • 単位当り

        47.6mAh / g

        69.1 mAh / cm3

参考: バッテリー本体のフル充電にかかる目安時間
5V/1A出力の充電器利用時: 約10時間
5V/2A出力の充電器利用時: 約5時間40分
急速充電対応充電器利用時: 約4時間 

 

6. Anker PowerCore 26800

  • サイズ : 180 x 81.5 x22mm(322,740mm3)
  • 重量 : 495g
  • 単位当り

        54.1 mAh / g

        83.0 mAh / cm3

  • 入力 : 5V / 4A (各ポート最大 5V / 2A)
  • 出力 : 5V /  6A (各ポート最大 5V / 3A)
  • 急速充電技術

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術)

さらに本体充電時間が半分に
二つの入力ポート搭載。モバイルバッテリー本体を倍速で充電できるので、この大容量ながら、わずか6.5時間でフル充電が可能です(※合計4A入力が必要)

  • 安全性 

サージプロテクター

電子回路のショート防止

 

 

7. Anker PowerCore Slim 5000

  • サイズ : 126 × 64 × 10 mm(80,640mm3)
  • 重量 : 118g
  • 単位当り

        42.4 mAh / g

        62.0 mAh / cm3

  • 急速充電技術 

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

VoltageBoost : ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整(Anker独自技術)

最大2A

 

8. Anker Astro E1 6700mAh

  • サイズ : 96 x 43 x 23mm(94,944mm3)
  • 重量 : 125g
  • 単位当り

        53.6 mAh / g

        70.6 mAh / cm3

  • 入力5V / 1A
  • 出力5V / 2A
  • 急速充電技術

PowerIQ : 接続機器を検知し電流を最適化(Anker独自技術)

  • その他 : 

iPod nanoiPod Classic、HP TouchPad、LG G2、AsusタブレットGPS製品とBluetooth 製品の一部には対応していないらしい。

 

以下にまとめます。

単位当たりというのは数字が大きい程、軽くて容量大(容量の割に軽い)、小さくて容量大(容量の割に小さい)ということです。大きい方がいいです。それを考慮すると以下の順位になります。

  • 軽くて容量大(容量の割に軽い)

1位 : 2. Anker PowerCore 20100

2位 : 1. Anker PowerCore 10000

3位 : 6. Anker PowerCore 26800

 

  • 小さくて容量大(容量の割に小さい)

1位 : 2. Anker PowerCore 20100

2位 : 6. Anker PowerCore 26800

3位 : 1. Anker PowerCore 10000

   4. Anker PowerCore Speed 10000 QC

 

以上のような結果となりました。急速充電

は全てにおいて付属していますし、クイックチャージ3.0規格のスマホ以外の方は4. Anker PowerCore Speed 10000 QCを買うメリットはないと思います。

 

1. Anker PowerCore 10000

 

 2. Anker PowerCore 20100

 

 

4. Anker PowerCore Speed 10000 QC

 

 6. Anker PowerCore 26800